kurosame’s diary

フロントエンドが少しできます

Flutter の環境構築

はじめに

インストール環境

参考サイト
https://flutter.dev/docs/get-started/install/macos

Flutter SDK のインストール

cd ~/Dev/Native-Apps
git clone https://github.com/flutter/flutter.git -b stable

config.fishに以下を追記

set -x PATH $HOME/Dev/Native-Apps/flutter/bin $PATH
source ~/.config/fish/config.fish

flutter doctorを実行

flutter doctorは環境構築完了に向けて足りてないことを教えてくれる(すげー!)
ほぼ依存ライブラリのインストールやアップデートになる

主にやったこと

  • Android Studio から SDK Manager を起動し、Android SDKAndroid BuildTools を最新にする
  • flutter doctor --android-licensesを実行し、すべてのライセンスを承諾
  • sudo gem install cocoapods
  • 利用する IDE で Flutter プラグインをインストール

flutter create [Project Name]を実行

Android の設定

  1. Android Studio を起動
  2. Configure -> AVD Manager
  3. 適当なデバイスを追加
  4. flutter emulatorsを実行し、さきほどのデバイスがあればオッケー
  5. バイスが起動してる状態でflutter runを実行
  6. カウンターアプリが表示されたらオッケー

iOS の設定

  1. Xcode を起動
  2. Xcode -> Open Developer Tool -> Simulatorを選択
  3. バイスが起動してる状態でflutter runを実行
  4. カウンターアプリが表示されたらオッケー

複数デバイスを起動した状態でflutter runするときは-d <deviceId>でデバイスを指定するか-d allで全デバイスを指定するかのオプションが必要になる

追記

IDE を起動せずに Emulator を起動

~/Library/Android/sdk/emulator/emulator -avd [対象のAVD名] # Android
open -a Simulator # iOS